行ってきました浅草へ。ってことで「ゲームマーケット2009」は、あいにくの雨模様の中、例のインフルエンザの影響もなんのそので無事開催されました。

moon Gamer

今回はマイミクの康さんが借りた中型ブースで中古ゲームを売らせていただく予定が、もうありえないくらい仕事が忙しくて事前準備が全然できず、結局は今回も買い専となりました。まあ仕方がない。で、買ったゲームはご覧の通り。

moon Gamer

そういえば今回はダイエット後にお会いした方が多数いまして、もうなんというか、みなさんのその驚いた表情を見るたびに面白かったですw 昨年11月のゲームフェスティバルの時も体型が変わってかなり驚かれたのですけれども、今はあれからさらに10kg以上減っているので、半年ぶりに会った人でも目を丸くする人が何人もいました。

健康面を心配していただいた方も多く、そのお気持ちはとてもありがたかったです。もちろんこれは単にダイエットの結果で体重が減っただけなのであって、何かを患ったわけではありませんので…。

moon Gamer

ゲームマーケットの話に戻しますと、今回は中古ゲームが元気だったなーと。4桁も大量出品している大型ブースもあれば、フリーバザールも盛況で、伝聞ではありますが午前中は掘り出し物もかなりあったそうです。どのブースもけっこうな勢いで売れていました(ただ供給過多気味で値崩れも早く、それがさらに在庫削減に拍車をかけていたような)。

一方、創作ゲームの方は、一部の人気ブースを除いて売り上げはだいぶスローペースに見えました。お昼過ぎになってもテーブルの上に在庫が山と積まれているブースが多数見受けられたからです。これは各ブースとも在庫を多くした結果なのか、それとも中古や新作の市販ゲームへお金が流れて行ってしまった結果なのか、あるいはこの単にお客さんの財布のヒモが堅かっただけなのかはよくわかりません。

中古ゲームに関して言えば、供給量増大傾向は今後も変わらないでしょう。新作はもとより、中古とはいえ、元々は情報も確かで安心して買える市販ゲームなのですから、事前評価が難しくコンポーネントもチープなアイデア勝負だけの創作ゲーム陣にとって、しばらくは厳しい状況が続くことが懸念されます。

今回購入したゲームをいくつかピックアップしてみます。

moon Gamer

これは「クロックワイズ」ブースで購入した「MineOut」「The Majority」。この2点は、アートワークの素晴らしさと、そこへピンポイントでスポットを当てて強烈にアピールしたコンセプトの勝利ですね。

moon Gamer

「MineOut」の中身はご覧の通り。ボードの質感は市販ゲームクラスのハイクオリティな出来映えです。これはプレイ意欲を大いにそそりますね。

moon Gamer

次いで超人気ブースだった「賽苑」から「HAU LA(ハウラ)」「NEOS(ネオス)」。残念ながら「mangrove(マングローブ)」は売り切れて買えませんでした。

moon Gamer

これが「ハウラ」の中身なんですけどね、もうね、何というか、見ているだけで楽しいのよw 詳しい内容については特設ページを直接見ていただいた方が早いでしょう。

moon Gamer

他にもいろいろ買いました。上はカワサキファクトリーの「賭博英雄伝セブン」。その名の通り、7つのギャンブルゲームが入ったオムニバスです。チップとケースがまた良く出来ていて、それはサイト上で確認できます。

moon Gamer

毎回人気ブースの「King's Court」から「ワンダフル映画祭」。開場間近でブースに行列が出来ていたので入手を諦めていたのですが、だいぶ遅い時間帯でも十分に買えました。内容は特設ページからどうぞ。実名が飛び交うあたりからしていかにも同人って感じのゲームですね。

moon Gamer

こちらも人気だった「Hammer Works」から「ひも電」「蒸気の時代 東京首都圏」。朝早く行ったつもりがブースの前に長蛇の列が出来ていてびっくり。他にもいろいろ買わせていただきました。ああ、久しぶりに「蒸気の時代」をプレイしたいなぁ…

moon Gamer

何やら怪しく輝くコンポーネントが特徴の「IXA〜ライトストラテジー〜」。「GOTTA2」というブースで買いました。タイトルにも「ライト」とあるのですけれども、実はこの光源はゲームには全く関係ありませんw ただの雰囲気作りなわけです。ゲームに関係がないけど光ります、という説明を聞いて、僕はこのゲームを買う決心をしましたw

moon Gamer

こちらは「チームきりたんぽ(仮)」から」3点。「仔ぶた急便」「BABEL5」はすでに所有していますけど、いずれも新版ということで買い直しました。

moon Gamer

4つまとめます。「リターン・トゥ・サバンナ」は「骨折ゲームズ」の新作。とても面白いゲームなんですが、今回は創作ゲーム不況(?)の波に飲まれる形で売り切るのに苦労されていた模様。
「堺の名商」は「高天原」の新作で、詳細はこちら。マニア向けって書いてありますけどルールは短かったです。
いろこいすは「もみあげゲームズ」の新作です。もみあげゲームズのことだからルールが多そうだと思ったら、その通りでした…
最後は「カナイ製作所」の「Chronicle」というカードゲーム。イラストがステキで思わず衝動買いでした。

他にもたくさん紹介したいゲームがたくさんありますが、レポート書きの時間がこれ以上取れそうもないので終わりにします。

ともあれ、ゲームマーケットお疲れさまでした。
また来年もお会いしましょう。来年もこの体型が維持できたらいいなw