SGC例会に行ってきました。今回は、ちょっと古いけど今でも十分楽しいよ、という小品を中心に持ち込んで遊びました。

moon Gamer

まずは「フリンケ・ピンケ」。簡単なルールで悩ましく考えることが多くて楽しいという、これぞドイツゲームといえる逸品。

moon Gamer

続いて「木食い虫」。あの「6ニムト」と同じクラマーの作品。やってみるとわかりますが、「6ニムト」的なノリがそこはかとなく感じられる小品。

moon Gamer

これは「ディ・フッガー(フッガー家の人々)」。個人的に、購入してからずっとプレイしたかったゲームで、やっと念願がかないましたmoon Gamer 商品カードの相場をコントロールしながら、できるだけお金儲けをするカードゲーム。

そして今回のメインディッシュ「Power Grid(電力会社/Funkenschlag )」

moon Gamer

ルールのチェックやプレイの感触を確かめながらのプレイだったので3時間ほどかかりましたが、それを感じさせないほど面白いゲームでした。
序盤・中盤・終盤と、それぞれ考えどころと悩みどころがあり、刻々と変化するシチュエーションが、長いゲームでありながら常に緊迫感を与えてくれます。
ちょっとルールに曖昧な点がありますが、それはプレイヤー間で話し合って決めればいいでしょう。

moon Gamer

右はゲーム終了図です。なお、使用したのはアメリカマップです。5人ゲームでしたので、15都市接続が終了条件となっています。今回は第1段階が長く、第2段階をほとんど経ないで第3段階に突入する、という展開になりました。

moon Gamer

5ゲーム目は「ダビデとゴリアテ」。ドイツゲームお得意の変則トリックテイキングゲーム。面白いゲームだなとは思いましたが、何回かやってみないと何だかよくわからないですねmoon Gamer

moon Gamer

最後は「スティッヒルン」で〆ました。前回の例会ではルールを間違っていてご迷惑をおかけしました。今回はちゃんとしたルールでプレイして好評でした。あーよかったmoon Gamer

moon Gamer

他の卓でもゲームがプレイされていましたが、これはそのひとつ「Icehouse(アイスハウス)」。きれいで幻想的なコンポーネントが素晴らしい。これ欲しいな~(殴)

ということで大満足の1日でした。例会最後には誕生日プレゼントまでいただいて感激です。ありがとうございました。ちなみにプレゼントは「ヒトラーズ・ウォー」でしたmoon Gamer