moon GamerPicknick Panik(ピクニックパニック) は、Yun Games 社で制作されたカードゲームです。Yun Games 社のゲームは、最近日本でもちらほら見かけるようになっています。

このゲームに使用するカードは、「ピクニック」という名前からはかけ離れたイメージのイラストばかりですmoon Gamer

カードにはアリやクモなどの昆虫と、それを退治する殺虫剤や踏みつぶすブーツなどが描かれているだけなんです。

このゲームの目的は、他のプレイヤーがピクニックのために持ってきたお弁当を、昆虫のカードによって「攻撃」し、台無しにしてしまうことです。何だかひどい話です(笑)。

moon Gamer

昆虫カードには「アリ」「クモ」「ハエ」の3種があり、それぞれ「赤」「青」「黄」「緑」の4色に分かれています。全ての色として使えるワイルドカードもお約束としてあります。

ゲーム開始時、各プレイヤーには8枚の昆虫カードと、数個のお弁当コマを受け取ります。

ゲームの手順はとても簡単です。手番では、手札から任意の1枚の昆虫カードを出すか、あるいは「同じ昆虫カード」を任意の枚数だけ一度に出すか、どちらかを行います。「同じ昆虫カード」とは、昆虫の種類も色も同じカードという意味です。

さて、それによって場に「同じ昆虫カード」が2枚以上そろった場合、その昆虫カードは次の手番プレイヤーを「攻撃」します。攻撃を受けたプレイヤーは攻撃を受けた昆虫カードを倒すためのカードを使えば撃退することができます。このカードを「武器カード」といいます。

昆虫カードは、特定の武器カードによってでしか撃退できません。たとえば「ハエ」は「ハエ叩き」、「クモ」は「ブーツ(踏みつぶすんですねmoon Gamer)」、そして「アリ」には「殺虫剤」によって撃退されます。

しかし、手札にちょうど良い武器カードを持っていなかったとしても大丈夫。今、攻撃されている昆虫カードと「同じ昆虫カード」を追加して出すと「パス」となり、自分ではなくて、今度はその次のプレイヤーを攻撃するのです。

攻撃を受けて、撃退もパスも出来なければ、手持ちのお弁当コマを攻撃したプレイヤーに渡さなければなりません。さらに攻撃に成功したプレイヤーは、攻撃に使用した昆虫カードを獲得します(後で得点になります)。

また、攻撃を受けて撃退に成功した場合は、撃退したプレイヤーが攻撃された昆虫カードを獲得することができます。ただし、この場合は撃退に使用した武器カードも一緒に獲得します(獲得した武器カードは後でマイナス点になります)。

moon Gamer

なお、プレイヤーが昆虫カードを出した結果として、攻撃が発生しなかった時には、場のカードはそのままの状態で次のプレイヤーの手番となります。

こうしてゲームをくり返し、お弁当コマを持っているプレイヤーが1人だけになったら終了です。お弁当コマ1個につき10点・獲得した昆虫カード1枚につき2点・獲得した武器カード1枚につき-1点として計算し、最も得点の多いプレイヤーの勝ちとなります。

次のプレイヤーだけが攻撃対象になるのは「バケツくずし」っぽい感じです。そして「バケツくずし」がそうであるように、このゲームも大騒ぎながら軽く遊ぶタイプのゲームのように思いました。

= DATA =
 ◆タイトル :Picknick Panik(ピクニックパニック)
 ◆デザイナー:Kemal Yun
 ◆メーカー :Yun Games
 ◆2~6人/8才以上/15~30分
 ◆メーカーサイト:http://www.yungames.de/

[ 補足 ]
ところでこのゲームの公式サイトを見ると、カードではなくタイルのゲームになっていますね。
http://www.yungames.de/picknickpanik.html