先日ご紹介した「Wheedle(ウィードル)」について、ルール改定案を考えてみました。
本当は実際にプレイしてから書きたかったのですが、どうもしばらくその機会がなさそうなので、先に僕のアイデアを出してみます。

まずは単純に、場札交換を制限してみます。

moon Gamer
  1. ゲーム開始時には場札の横にチップを置く。
    チップの数はプレイヤー数×2個。
  2. 手札と場札を交換する際には、そのプレイヤーはチップを1個取らなければならない。
  3. チップが無くなれば、手札と場札の交換はできない。
  4. 得点計算時に、取ったチップは1個につき-2点となる。

チップの数やペナルティは要調整でしょう。
これとは逆も考えてみました。

moon Gamer
  1. ゲーム開始時に、各プレイヤーは3個ずつチップを受け取る。
  2. 手札と場札を交換する際には、そのプレイヤーはチップを1個支払わなければならない。
  3. チップが無くなれば、手札と場札の交換はできない。
  4. 得点計算時に、手元にあるチップは1個につき2点となる。

これも細かいところは要調整でしょうが、意図は明白ですね。
もうひとつ、別の角度からも攻めてみます。

moon Gamer
  1. 原則として、手札と場札の交換は行えない。
  2. 他のプレイヤーと株券を交換する際に、場札の株券を持っているならば、1枚だけ付けて相手に渡さなければならない(これは権利ではなくて義務である)。

場札の株券はマイナス点にしかならないカードになるわけです。
さらにこんなルールはいかがでしょう?

得点計算時に、場札の株券を持っていないプレイヤーは、手札の構成にかかわらず、得点は「0点」である。

ちょっと過激ですが、得点がマイナスにもならないというところがミソになるかも?
このルール単体での採用はあまり意味がありませんが、他のルールと組み合わせるとなかなか面白いかもしれません。

という感じで妄想を巡らしてみました。どうなんでしょうかねーmoon Gamer