先週は、この日曜日(もう今日だ…)に開かれるゲーム会への準備に忙殺されることとなりました。おかげで購入メモもすっ飛ばされることに。ルール読みにかなり時間がかかったのが大きな誤算です。でもまぁ何とかなりそうですよ…たぶん… 何のゲームをプレイするかは、レポートをお待ちくださいませ。

moon Gamer

ところで写真は、そのゲームに使うコンポーネントを実験的に自作したパーツです。青くて短いスティックが大量に必要だったのですけれども、当然そんなものが世の中にあるわけがありません。マッチ棒を青く染めることも考えたのですが、強度に不安がありました。何とかして手軽に作れないものかとダイソーを小一時間ほどぐるぐる回ってピンと来たのが「おでん串」。竹で出来た20cmほどの棒が一袋50本入りで105円。

作り方は簡単で、まず青い油性マジックで串を塗装してから、ペンチ状の大型カッターで切断しただけです。同じ長さにするのが少々工夫が必要ですが、いずれにせよ手間も時間は思ったほどかかりませんでした(乾燥時間を除けば1時間ほど)。これが写真右のスティックです。

ただ油性マジックが完全に乾燥するまで数日かかるようで、ひょっとしたら日曜に間に合わないかも… と思って別の方法で調達したのが、写真左のもの。小さな写真でわかりにくいのですが、こちらはテカリのある薄っぺらな帯状のものです。元の素材は、プレゼントなどのラッピングに使われる細い針金の入ったリボンで、やはりダイソーで購入しました。これをハサミで切っただけです。

これだけ手間をかけて作ってみましたけれども、どちらも一長一短があって、結局使わない可能性大orz

moon Gamer

気を取り直して… 右の写真は「ハイミロン」の生地です。ゲームの下に敷くテーブルマットとして購入しました。この生地については、少し前に HAL99さんの日記で紹介されていまして、以来ずっと気になっていたのですけれども、やっと通販で購入することが出来ました。

実は6/3(土)のつくばゲーム会で持ち込んで使用実験をしています(記事中の写真でテーブルに敷かれた白い布がそれ)。これがもう実に素晴らしい使い心地で、一緒に遊んだメンバーの評判も上々でした。適度な弾力があって触った時の感触が良く、表面が軽くコーティングされているのでカードやコマのすべりが違います。フェルトよりもずっしりとしているので敷いた後の安定感も抜群です。これこそ探し求めていた理想のゲームマットです。

つくばではオフホワイトの生地を使用した(何色か購入しています)のですが、カメラのホワイトバランスが安定したという思わぬ副産物もありました。生地のサイズがちょいと大きい(1m四方)ので、後日適当な大きさに裁断しようかと考えています。