11日(日)は、ゲーム倉庫で少し重めのゲーム会を開きました。参加者は僕の他に以下の3人。

 ・月斎さん(高円寺盤遊会の主催者)
 ・atog さん(一之江ゲームクラブの主催者)
 ・娯楽堂さん(袋小路の主催者)

…。何この特濃メンツ。自分以外はゲームサークルの代表者ばかりです。いや、実はこれ何の作為もなくて、この日にプレイするゲーム3つが好きそうな人をマイミクさんの一覧から選んでいたら、結果的にこうなっていました。何という出オチ。この状況を開催前日に気がついて愕然とする自分もどうかしていますけど。

本日は朝から雨模様。朝の予報では昼過ぎがら雨がやむはずが、夜になって再び降り始めました。


Age of Steam (蒸気の時代) / Warfrog moon Gamermoon Gamer

久しぶりにプレイ。間が空くとやっぱり感覚忘れる…

moon Gamer

4人中2人が初プレイでした。やはり「蒸気の時代」は良いゲームだ。

この日は本当に久しぶりのプレイだったのと、初プレイ者が2人いたこともあって、とにかく基本的な手筋を中心に打ち回しました。線路の形としては不満の無い状態になったものの、中央の都市が3人のプレイヤーが混み合う状態となったのは計算外。

通常、基本マップの4人プレイでは、東西に2人ずつ分かれるような形になることが多いのですが、この日は盤上のキューブと、Goods Display 上のキューブの配置が極端に偏る形(黄と紫が離れ、青は近場に集中)になり、自分の路線にかかるキューブが予想よりも早く枯渇してしまいました。

この状態を打破するために中央で路線をこねくり回していた間に、東部で atogさんが環状線を作り上げてしまいました。この状態になったらまずいことは中盤にはわかっていたのですが、それを咎めるヒマがありませんでした。序盤は何とか切り抜けたのですが、終盤は周囲にライバルのいない atogさんの圧倒的な輸送力に追いつけず敗退しました。お見事でした。

moon Gamer moon Gamer

自分の周辺では「18xx」旋風が吹き荒れ、もはや定番ゲームになりつつあります。しかし鉄道ゲームのもうひとつの雄であるこの「蒸気の時代」は今ひとつパっとしません。ヘビーゲーマーが一度プレイすれば、その強烈な面白さを誰しも認める名作であるにも関わらず、です。

この理由は明白で、ひとえに「入手難」であることに尽きます。「18xx」は一部がまだ国内流通があり、それ以外のタイトルも海外輸入とはいえ、注文すれば届く状態にあります。また「18xx」は、バリエーションがそれぞれ独立したフルセットであり、単体でプレイ可能です。一方「蒸気の時代」の拡張セットは、その名の通り基本セットを拡張するものであり、単体ではプレイ不可能です。

そしてその基本セットが入手難なのですから、この素晴らしいゲームをもっと多くの人に知らしめようにも、それがいかに困難な状況であるかがおわかりいただけると思います。このゲームを「どこで売っていますか?」という質問を幾度となくされましたが、そのたびに答えに窮するという苦々しい経験をすることになります。次版とか再版の噂は去年からありました。そして来年もあるでしょう。それが実現する日がいつになるのか、終わり無きトンネルは今も続いています。
http://www.boardgamegeek.com/game/4098


18FL / Deep Thought Games, LLC

ショート系の「18xx」。

moon Gamer

完全に初プレイなのは僕だけだった模様。「18FL」は、ルールもプレイタイムもライト級の「18FL」です。ルールの特徴は以下の通り。

1.個人会社

4社あります。ゲーム開始時の一斉公開な競りによって各プレイヤーに購入されます。個人会社は鉄道会社へ売却はできず、適切なタイミングで特殊効果(ボーナスアクション)を使用するとただちに閉鎖されます。

2.5株会社

鉄道会社はフェイズ2と3で設立する場合は「5株会社」となります。5株会社は1株あたり20%のシェアです(社長株券は40%)。フェイズ4以降は通常通りに10株会社の設立が可能となり、フェイズ5以降は必須になります。またフェイズ5になると、5株会社は強制的に10株会社になります。

5株会社が設立すると、初期株価の5倍の資金が会社に入ります(10株会社設立時は10倍)。また5株会社が10株会社に「増資」すると、株券1枚あたりのシェアが10%に下落し、銀行株券が5株増え、さらに現在の株価の5倍の資金が会社に入ります。

3.運営

線路タイルは、黄が2枚か1枚のアップグレードのみ。トークン配置コストは、最寄りの駅トークンから線路づたいに数えたヘクス数×$20。トークンは都市に置きますが、街(●)ヘクスへ「ホテルトークン」として配置することも可能です。

ホテルトークンはボーナストークンであり、配置したプレイヤーに$10~$20の増益をもたらします。ただしホテルトークンは他社の通過を妨げず、また自社のルート設定にも使用できません(ホテルトークンのみのルートは不可)。トークン数は全社とも3個ずつです。

4.ルート

列車の番号は都市(○)の数だけカウントし、街(●)の数はカウントしません。ただし、収益を計算する時には街(●)も入ります(ほぼ 18EU のルール)。「3E」列車は、都市(○)の収益だけしか入りませんが、各都市の収益額は2倍になります。

5.株価

株価チャートは1次元。いわゆる「売り切れ上がり」がありません。収益は配当か無配かの2択。配当時、収益が株価未満なら株価は変わらず、株価以上2倍未満なら1ランクアップ、2倍以上なら2ランクアップします(無配は1ランクダウン)。なお、BANK POOL 上の株券は会社に対する配当となります(1830 と同じ)。

6.列車

ある会社があるタイプの列車を購入する時は、1運営ラウンドにつき1両しか買えません。ただしあるタイプの最後の列車を購入した時に限り、(資金に余裕があれば)次のタイプの列車をさらにもう1両だけ購入することが可能です。

moon Gamer moon Gamer

「味はあるけどコクがない」というのが「18FL」を最初にプレイした正直な感想です。考える要素もプレイヤー間の絡みも一定水準以上ではありますが、「時間がない時にプレイする 18xx」という以上の意味を「18FL」に感じませんでした。ひょっとして4人よりは2~3人の方が向いている可能性もあります。

また初心者とやるなら、これよりは「1846」を僕は選択するでしょう(『18xx』に興味を持った初心者がルールを覚える労力は 46 も FL も大して変わらないと思う)。全然ダメということもないので、これから機会があればプレイするとは思いますけれども。

このゲームは月斎さんの圧勝。マップの重要拠点をすべて抑えた上に、他人の干渉を全く受け付けない形を作り上げました。これはこれで大変お見事なお手並みでございました。
http://www.boardgamegeek.com/game/21436


Before the Wind (順風満帆) / Phalanx Games moon Gamer

このメンツでやると長時間な重ゲーになったよ。

moon Gamer

クセがありまくりなこのゲームがとにかく面白くて、すっかりヘビーローテーションです。自分以外の3人が初プレイでした。以前のレポートにも書いたように、メンツによっては長時間ゲームになることは予測していましたが、まさかここまでとは…。

さて、このゲームの華はアクションカードのプレイにありますが、重要なのはその前のアクションカードの交換です。ここでの判断と結果が、ゲーム全体の流れを決定することになります。例えば…

「どのアクションカードをオープンするか」「オープンするなら山札から取る枚数は1枚?2枚?」「オープンしたアクションカードを選ぶか? それとも金額提示?」「アクションカードならどれにするか?」「金額提示ならどれをいくらで値付けするか?」

シンプルな処理であるアクションカード交換内だけでも、このくらいの判断要素があります。実際にはさらに、自他の商店の状態、並べられた船の内容、そして現在の得点状況も判断材料に加味しなければなりません。

アクションカードのプレイでは、6種類の特別アクションカードの使いどころがまた悩ましいところ。特別アクションは変則的ではありますが決定的な効果ではなく、また使用機会も限定されているので、主に基本アクションを補助する目的で使われるでしょう。

moon Gamer moon Gamer

上にも書いたように、今回はメンツがメンツだっただけに、このセッションは空気が重かった… プレイ自体は冗談交じりに進行してはいましたが、水面下では細かい駆け引きの応酬が繰り広げられていました。「順風満帆」にはランダム要素が少なからずあるので、それによって重たい感じがある程度は軽減されるかとも思ったのですが、やはりそれも人によるようです。

このセッションで勝利したのはまたもや atogさん。僕はあと5点というところで力尽きました。かかった時間はたっぷり2時間ほどで、どうかするともっと長くなった可能性すらありました。またまだ機会があればプレイしたいゲームです。何度も書くようで恐縮ですが、明らかに人と場所を選ぶゲームなので、これから購入を検討している方は、その点にどうぞご注意を。
http://www.boardgamegeek.com/game/31506


レポートは以上です。

朝11時に集合して、終わったのは夜の9時くらい。なんだかもう終わった後はくたくたに疲れはしましたけれども、充実した良い1日でした。突然のお誘いに、遠方から快く来ていただいた参加者のお三方には心から感謝の意を表します。ありがとうございました。またホームグラウンドのゲームサークル例会ではよろしくお願いいたします。moon Gamer