moon Gamer - ボードゲームブログ

テーブルゲーム(ボードゲームやカードゲームなど、電気を使わないタイプのゲーム)と、その周辺の話題を中心にした記事や写真を広く公開している個人ブログです。

タグ:ウィードル

11/6(土)は袋小路の11月例会に参加してきました。ものすごい人でしたmoon Gamer

参加者の数が会議室の椅子の数より多かった(それもかなり)ので、レジャーシートを敷いて床でゲームが始まったり、椅子のない机で「ピット」が賑やかに遊ばれていました。みんなパワフルすぎだわ。こんな状態ですから、来月からは椅子が60脚以上ある場所に例会会場が変更されるとのことです。すげ。

とりあえず、僕が遊んだゲームについてだけレポートします。他にもたくさんの卓が立っていました。

ピーキーズ ジェンガ / トミー
moon Gamer

いきなりこんなのが始まりましたmoon Gamer

ルールは普通のジェンガです。ブロックはダンボール製で、これがけっこう軽いので意外と崩れにくく、わりと高い段まで積まれていました。

Geschenkt (ゲシェンク) / AMIGO Spiel
moon Gamer

何度目かのプレイ。ルールの改訂案をつい出したくなる脇の甘さがあると思いきや、これはこれでいいんじゃないのかねぇ(©カワサキファクトリー)。

Cloud 9 (クラウドナイン) / Out of the Box
moon Gamer

変則バースト系ゲーム。コンポーネントがまたいい感じで、とても気に入りました。

Halli Galli (ハリガリ) / Amigo
moon Gamer

…に、早押し機を導入してみましたが、いかがだったでしょうかmoon Gamer

Circus Maximus (サーカスマキシマム) / GMT
moon Gamer

先日プレビューして、たくさんんのコメントをいただいたゲームをプレイ。やー、これは面白いレースゲームだったですよ。

基本的なジレンマの傾向は「アベ・カエサル」系統なんですが、このゲームの場合は、ほとんどの情報が公開されていますので、とてもテクニカルなプレイングを要求されますね。基本はもちろんコースのつぶし合いです。

今回は初プレイだったために勝手がよくわからず、先行していたプレイヤーを止められずに勝たせてしまいましたが、次回からはもっと違った展開になるでしょう。再戦希望~

Das Prestel Architekturspiel (建築物ゲーム) / Prestel Verlag
moon Gamer

アクションゲームな建築ゲーム。基本はとても単純な絵合わせゲームなのですが、デッキの構成を記憶することが重要だったり、リアルタイムに決める順番の妙などがあって、なかなか楽しいゲームです。

Wheedle(ウィードル) / Out of the Box
moon Gamer

やっとプレイする機会に恵まれました。結論から書くと、素のままで全然問題ないレベルの面白いゲームでした。場のカードとの交換は当然有効として、それを「ストップ」にどうやって最短距離でつなげてゆくかを考えるゲームだとすれば、実によく出来たゲームだと思います。

「ウィードル」は、いわばクニツィア版「ピット」ですが、「ピット」よりも早く静かに終わるので、僕の年代ではこっちの方が合っているような気もしていますmoon Gamer

Dots (ドット) / Adlung
moon Gamer

このゲームは少し前に購入していまして、ルールを読んだきりで奥にしまわれていました。今回、カワサキさんの持ち込みで初プレイ。

…で、すげー面白いんですけど。場のカードの「○」を数えるだけのアクションゲームなのに、これはいったい何事なんでしょうか。ゲームの内容が内容だけに万人にはとてもお勧めできませんけれども、アクションゲームが少しでも好きであれば、話のネタに一度はやってみましょう。

Campanile (カンパニーレ) / Blatz
moon Gamer

最も高い塔がどれになるかを賭けて、最終的にポイントを競うゲーム。これは気に入りました。

カードの補充と賭け方にシバリがあり、それがなかなか面白い味になっています。時間が意外にかからないわりには悩ましさは一級品ですので、何度も遊べそうなゲームだと思いました。

Die Weinhändler (ワイン商) / AMIGO Spiel
moon Gamer

これも何回目かのプレイ。このところ最もハマっているゲームです。

今回は、競りの相場が総じて高かったので、あまり無理して場札を取りにいかず、他のプレイヤーの動向を見ながら手札を調整することに終始しました。ボーナスも1点を確実に取りに行く堅実プレイをした結果、何とか勝利を収めました。

Falling (フォーリング) / Cheepass
moon Gamer

プレイヤーはなぜか高度何千メートルかから落っこちているところから始まります。出来るだけ地面に落ちるのを遅らせたプレイヤーの勝ちというアクションゲームです(勝っても結局は落っこちるわけですけどmoon Gamer)。

ゲームは半リアルタイムに進行します。ディーラーは各プレイヤーに1枚ずつ次々とカードを配布します。その一番上のカードは1枚だけ手札にすることが可能で、それを相手に押しつけたり、自分のために使ったりすることができます。これは任意のタイミングで行うことが可能です(ただし、ルール的な制限はいくつかあります)。

あまりにも不思議なゲームなので、最初はちょっと戸惑ってしまいましたが、馴れると面白そうな感じではあります。

BOOMTOWN (ブームタウン) / Face2Face Games
moon Gamer

先日プレビューしたゲームを期待に胸ふくらませて初プレイ。これはかなり面白いゲームでした。素晴らしい。ゲームは惨敗でしたけれどもmoon Gamer

Zendo (ゼンドー) / Looney lab

親が作ったルールを当てるゲーム。すいません、かつて「エリューシス」にハマった身としては、似て非なるこのゲームにやや違和感がありました(勝ち負けにこだわるゲームではないことは理解してはいるのですが…)。 ※だからというわけではないですが、写真はないです…

超リレー川柳でポン / 創作ゲーム

※このゲームも写真はありません。
基本的にワードゲームが苦手なこともあり、また「たほいや(ディクショナリ)」でも感じたシステム上の疑念が最初から最後まで頭を離れず、結局ルールはよく理解出来ませんでした(終了後に聞いたルールでやっといろいろとわかったのですけれども)。

ゲーム自体はとても楽しめました。こういうゲームは性善説に基づいて単純に楽しむべきで、あまり余計なことを考える僕の方がどうかしていると思います。

他にも24人の「6ニムト」とかあったような気がする(そして負けたような気がするmoon Gamer)。とりあえずレポートは以上です。

「川柳でポン」が終了後にもまだ1時間少しの時間が余っていましたが、すでに頭の中と体力が限界にあって、他のゲームには参加はしないでぼーっと見学していました(お誘いいただいた方にはお詫びいたします…)。

「プエルトリコ」を久しぶりにじっくり見学してまたやりたくなったり、「エルフェンランド」は相変わらずきっついゲームだなぁとか思ったり、思索にふけるだけでも楽しい時間を過ごせました。

※もちろん、思索にふけっている間はずっと、すぐ後ろで「ピット」が騒々しくプレイされていましたけれども(笑)。本当にこういう環境に馴らされたらしい>自分

ということで(何が?)またこれからもよろしくお願いいたします>関係者御一同様

    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ご紹介した「Wheedle(ウィードル)」について、ルール改定案を考えてみました。
本当は実際にプレイしてから書きたかったのですが、どうもしばらくその機会がなさそうなので、先に僕のアイデアを出してみます。

まずは単純に、場札交換を制限してみます。

moon Gamer
  1. ゲーム開始時には場札の横にチップを置く。
    チップの数はプレイヤー数×2個。
  2. 手札と場札を交換する際には、そのプレイヤーはチップを1個取らなければならない。
  3. チップが無くなれば、手札と場札の交換はできない。
  4. 得点計算時に、取ったチップは1個につき-2点となる。

チップの数やペナルティは要調整でしょう。
これとは逆も考えてみました。

moon Gamer
  1. ゲーム開始時に、各プレイヤーは3個ずつチップを受け取る。
  2. 手札と場札を交換する際には、そのプレイヤーはチップを1個支払わなければならない。
  3. チップが無くなれば、手札と場札の交換はできない。
  4. 得点計算時に、手元にあるチップは1個につき2点となる。

これも細かいところは要調整でしょうが、意図は明白ですね。
もうひとつ、別の角度からも攻めてみます。

moon Gamer
  1. 原則として、手札と場札の交換は行えない。
  2. 他のプレイヤーと株券を交換する際に、場札の株券を持っているならば、1枚だけ付けて相手に渡さなければならない(これは権利ではなくて義務である)。

場札の株券はマイナス点にしかならないカードになるわけです。
さらにこんなルールはいかがでしょう?

得点計算時に、場札の株券を持っていないプレイヤーは、手札の構成にかかわらず、得点は「0点」である。

ちょっと過激ですが、得点がマイナスにもならないというところがミソになるかも?
このルール単体での採用はあまり意味がありませんが、他のルールと組み合わせるとなかなか面白いかもしれません。

という感じで妄想を巡らしてみました。どうなんでしょうかねーmoon Gamer

    このエントリーをはてなブックマークに追加

moon GamerWheedle(ウィードル)は、株券をリアルタイムな自由交渉によってプレイヤー間で交換していって、できるだけ同じ会社の株券を多く集めることを目的にしたゲームです。

余談ですが、このゲームを発売している Out of the Box 社は、日本でもおなじみの「アップル・トゥ・アップル」を発売している会社でもあります(もちろんアメリカで)。

moon Gamer

さて、「ウィードル」ですが、このゲームにはいくつかの会社が登場します。それらは5枚~9枚の株券を持っており、株券はカードとして扱われています。ゲーム開始時には、すべてのカードシャッフルして、各プレイヤーに均等に配布します。

最後に1枚だけカードが余ります。それはまず場に裏向きに置いて、ディーラーが表向きにめくったところからゲームが開始されます。

ゲームはリアルタイムの同時進行な交渉で進行します。プレイヤーは、手札に欲しい株券か、あるいは手札から出せる株券の種類や枚数を宣言します。プレイヤー間で合意が得られれば、手札のカードをその場で次々と交換してゆくのです。

そう、このゲームは、古典的トレードゲーム「ピット」と同じように、喧噪の中で交渉が進められていくゲームなのです。

「ピット」と異なるのは、カード交換時に何枚でも交換することができるということと、カード交換は違う枚数であっても構わないということです。相手が合意さえすれば、単に相手にカードを渡すだけでもいいということになっています。

もうひとつ面白い要素があります。それは場に置かれた1枚のカードです。このカードは、誰でも自由に、手札のカード1枚と交換することができるようになっています。

この場に置かれたカードは何を意味するのでしょうか? 実はこのラウンドの終了時に、場に置かれた株券の会社は倒産してしまうのですmoon Gamer

倒産した会社の株券はマイナスとして扱われますので、ここでも熱い戦いが繰り広げられることになるんでしょうね。

moon Gamer

ラウンドは、誰かが「ストップ」と宣言をしたら終了です(これもピットみたいですね)。その後でポイントの計算を行います。

ある会社の株券を独占して保持していれば、株券1枚あたり2点が入ります。過半数を保持していれば1枚あたり1点です。それ以下であれば、ポイントは入りません。他にも、ストップをかけたプレイヤーにボーナス(あるいはペナルティ)が入ることがあります。

そして、場に置かれた株券と同じ株券を持っていれば、株券1枚につき-1点となります。

これをプレイヤーの数だけくり返し、最終的にポイントの合計が最も多いプレイヤーの勝ちになります。

「ウィードル」は、このブログでは何度も登場しているクニツィアがデザインしたカードゲームです。「ピット」っぽいこともあって実に楽しそうに見えたので、ここでご紹介したわけなんですが… 実はこの記事の原稿を書き上げた後で検索してみると、バランス上の問題点を指摘するコメントを見つけてしまいました。

脳内プレイでシミュレーションしてみても、確かに交渉をしないで場のカードを交換していった方がリスクが少ないように思えます。

しかし、たったこれだけのことで捨てるにはとてもつもなく惜しいゲームのように思うのです。単に、場のカードとの交換に制限を加えるだけでも、相当に改善されるような気もします。

ということで、あれこれと思考を進めた結果、即興ではありますが、個人的改定案をいくつかまとめてみました。ただ、いきなりこれを公表するのもどうかと思うので、実際にプレイしてから、またこのブログでご報告いたします(どうでもいいけど、全然プレビューじゃないなこりゃmoon Gamer)。

= DATA =
 ◆タイトル:「Wheedle(ウィードル)」
 ◆メーカー:Out of the Box
 ◆4~6人/9才以上/30分程度

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ