moon Gamer - ボードゲームブログ

テーブルゲーム(ボードゲームやカードゲームなど、電気を使わないタイプのゲーム)と、その周辺の話題を中心にした記事や写真を広く公開している個人ブログです。

タグ:ミニゲームの会

23日は、SGCのたまさんと2人用ゲームを遊びまくる「ミニゲームの会」をこぢんまりとやる予定だったのですが、急遽SGC代表のYOKさんが参加することとなり、3人ゲームの会となりましたmoon Gamer
場所は、おなじみのゲーム倉庫(このところ稼働率高し)です。

Die Händler(ディ・ハンドラー) / Queen Games

このゲームは発売当初(1999年ごろ)に購入した後、なぜかずっと未プレイのままになっていたゲームです。今回、このゲームを以前から遊びたがっていたYOKさんがいたこともあって、いいタイミングだと思ってリクエストしました。

moon Gamer

「ディ・ハンドラー」は商売ゲームです。まず商品(6種類あります)を仕入れ、それを馬車に乗せて別の街に運び、そこで売却して利益を得ます。

商品の購入価格と売却価格は相場によって決まります。購入した商品は都市の倉庫に保管されますが、都市ごとに保管できる商品の種類は決まっています。

この商品は、馬車に積み込まなければ他の街へ運搬することはできません。商品を馬車に優先的に積み込む権利は入札によって決まります。入札に勝ったプレイヤーは、自分の倉庫に保管してある商品を3つまで馬車に積み込めます。

他のプレイヤーは、その馬車に2つまで商品を積み込むことができるのですが、それは基本的に有料となります。そしてその金額は、先ほど入札に勝ったプレイヤーと交渉して決めるのです。

moon Gamer

この荷物の積み込み費用をいくらにするかの金額交渉が「ディ・ハンドラー」最大の見せ場です。

積み込み費用は、プレイヤー間の自由交渉によって決まりますので、先々の展開まで見越したさまざまな思惑が交錯することになります。実際、このゲームをプレイして震えるほど面白かったのはこの局面でした。

ちなみに、馬車はゲームに3つしか登場しません。街に配置されている馬車について、それぞれ別にこの「入札→交渉」が行われます。

この後に、それらの馬車を移動させます。しかし、誰が何を積み込んだかに関わらず、誰でもどの馬車であっても動かせるのです(!)。

各プレイヤーは1ラウンドに1回しか馬車を動かせなかったり、馬車を動かすには各種制約があったりしますが、それにしても状況を混沌とさせるには十分なルールです。

この後に商品相場を変える処理が入ります。各プレイヤーは相場を上げたい商品を2つまで指定して、一斉に公開します。商品相場は5段階あるのですが、5段階目からさらに相場が上がると、一気に最低相場に急落してしまいます。

馬車が街に到着していれば、ここでやっと売却することができます。売却相場は、先ほどの相場変動処理の後になります。

moon Gamer

このように、このゲームにはかなりの不安定要因がルールに盛り込まれています。

この他にもまだ、プレイヤーの「能力カード」や、ゲーム中に入手する「影響カード」による特殊効果によって、さらに場が混沌となるでしょう。この先に何が起こるか、ある程度の想定は可能ですが、細かいことは誰にもわからないのです。

しかし、だからこそプレイヤー間の交渉がとても重要になります。交渉によって得られる利益は、将来の不確定要素による損益を軽減したり回避したりすることに直接つながるからです。このゲームで最大のリスクコントロール手法は交渉にあり、それをうまく活用することが勝利への道となるでしょう。

自由交渉システムはどんなゲームでもそうですが、ある程度の相場感覚がプレイヤーに要求されることになります。「ディ・ハンドラー」もまさしくそうなのですが、決して煩雑な計算が必要な難しいものではなっていません。万人が楽しめるドイツゲームの枠は、きっちりと守られています。

さて最後に「ディ・ハンドラー」の勝利条件ですが、自分の地位(ステータス)を高めることにあります。地位は9段階あり、ラウンドの最後に上昇させることができますが、ゲームが進行するにつれてコストが高くなります。

また、高い地位なると、それに応じた維持費も支払わなければなりません。維持費が支払えないと地位が下がってしまいますので注意が必要です。

こうしてゲームは進行し、定められた条件に合致したラウンドの終了時にゲーム終了となります。地位が最も高いプレイヤーが勝利し、それが同じ場合は所持金の多い方が勝ちます。

moon Gamer

「ディ・ハンドラー」は、ビジネスゲームの魅力的な要素がぎっしり詰まった密度の濃いゲームです。

基本的なメカニクスは決して複雑ではありませんが、たくさんのファクターが縦横に絡み合って独自の面白さを織りなしています。

やや時間のかかるゲームですが、お金を儲けるゲームが好きならプレイする価値はあるのではないでしょうか。今回は3人プレイでしたが、今度はぜひ4人でプレイしてみたいですね。

この日は他にも、「ワズ・バラズ」「Das Prestel Architekturspiel」「ピラミッド・ピラミッド」を遊びました。

moon Gamer
moon Gamer
moon Gamer

それと、「リトルゲームかえる」がちょっとだけウケましたmoon Gamer

    このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりのミニゲームの会を開きました。お相手はSGCのたまさんです。前回のレポートはこちらです。場所は、もう何度もご紹介しているゲーム倉庫兼プレイルームで行いました。

Malawi(マラウィー)
moon Gamer

まずはアブストラクトゲームの「マラウィー」

台座に軸の付いた「コマ」は、その軸に入れてある「球」で移動力が決まります。「コマ」は、ぴったり「球」の数だけしか移動できないところがミソ。自分のコマの移動先に相手のコマがあると、その球をゲームから取り除けます。しかし、コマ自体は無くならないので、移動障害物としては残ってしまいます。また、自分のコマの球を全部取って、他の自分のコマに1個ずつ「配分」できるというルールもあります。

初プレイだったので手探りのプレイではありましたが、何となく感覚がつかめたかも。序盤は配分によってじっくり体制を整え、まずは相手の球を取ることを目指します。場が煮詰まったところで、現状を打破するべく慎重にコマの移動を行うことになります。

攻め込まないと勝てないのですが、攻めすぎると隙を突かれて逆襲をくらいます。しかし、それを恐れていては勝てません。ある程度の損害を見越した上で、さらに得をするような手が見つかれば自然と勝てるでしょう。

今回は2回プレイして1勝1敗でした。

Atlas & Zeus(アトラスとゼウス)
moon Gamer

少しずつ沈みゆくアトランティスを舞台に争いを行って、自分の部族の生き残りをかけるゲーム。

16枚のタイルの上に部隊を置くのですが、そのタイルは1ターン終了ごとに1枚ずつ沈んでいきます。沈んだタイル上にある部隊は失われてしまいますので、その前に何とかしなければならないわけです。

手番の最初に手札から3枚のアクションカードを選んで実行順を決めてプロットします。このアクションカードには、すべて特殊効果があります。たとえば、部隊を移動させたり、沈むタイルを変更したり、隣のタイルの部隊を攻撃したり、効果はさまざまです。これらをうまく組み合わせて敵部隊と戦いつつ、沈むタイルからの生き残りをも図らなければなりません。

最初、特殊効果が複雑に見えましたが、やってみたらそうでもありませんでした。沈むタイルは確かに驚異ですが、それよりも対戦相手の攻撃(=アクションカード)の方がずっと危ないですmoon Gamer

アクションカードの効果があまりにも強力なので、何となくカード運しだいというバランスのような気がしますが、プレイは不思議と楽しかったです(カードのちょっと変なイラストに苦笑moon Gamer)。もうちょっとキレがあるといいゲームになると思いましたが、これはこれでアリかもmoon Gamer

Kupferkessl Co.(銅鍋屋)
moon Gamer

魔法使いとなり、魔法の鍋に材料を放り込んで、出来るだけ高い点数を取ることを目指すゲーム。

場に置かれたカードから1枚を選んで自分のデッキ(魔法の鍋)に重ねていくのですが、そのデッキで見えるのは一番上のカードだけです。ですから、自分が何のカードを取ったのか、ある程度だけでも覚えておかなければなりません。

なぜなら、最後の得点集計では、魔法の鍋の中に同じ種類のカードが何枚あるかによって得点が決まるからなんですね。カードは各種4枚ずつあり、その4枚を集めることができれば最高得点となりますが、1枚しかないと減点になります。

ということで、このところ個人的に凝っている記憶系ゲームです。ゲーム自体はわりと淡々と進みますが、それは集中していないと取ったカードを覚えていられないからですねmoon Gamer 今回のゲームは、カードに独自の名前を付けて覚えた、というたまさんの圧勝でした。

Combit(コンビット)
moon Gamer

6色の「2」~「6」までの数字が書かれたカードをお金を使って1枚ずつ「購入」し、同色2枚のカードを乗算した値で「売却」し、お金を稼ぐゲーム。

カードを使いますが完全情報ゲームです。ですから、きちんと読んでカードの売り買いをしないと、あっという間に突き放されます。特に「6」のカードは重要で、それを中心とした読み合いになります。

ゲームの方は、不慣れな序盤でミスをしてしまい、それが終盤まで引きずる形となり負けました。ルールは簡単だし、手軽な読み合いが楽しめるので面白かったです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の春ごろから、ゲームサークルSGCつながりのゲーム仲間たまさんと、平日の夜を利用して「2人用ゲーム」をプレイする場をしばしば開いています。僕らはこれを「ミニゲームの会」と呼んでます。

「ミニゲームの会」という名前は、たまさんも僕も軽めのゲームが好みなことと、時間が午後9時から午前0時くらいまでの3時間ほどしか取れないので、必然的に小型ゲームがプレイされる機会が多いことに由来します。

これまで、ひと月に1~数回くらいのわりで開いていたのですが、ここのところ互いの仕事が忙しかったこともあって1ヶ月以上の間が空いてしまいました。七夕の夜に久々に開かれましたので、以下にプレイしたゲームについて簡単にレポートしてみます。

Blitz und Donner(稲妻と雷鳴)
moon Gamer

ギリシャ神話のゼウスとヘラによる戦いをテーマにした七夕の夜にふさわしい愛憎のカードゲーム(違)。

基本的なルールはとてもシンプルなのですが、特殊効果がやや複雑で多め。それを理解して使いこなすことが重要なのはわかっていたのですが、そこまでゲームに馴染む前に終了。勝ちはしたものの、やや未消化感が残りました。また別の機会にやってみたいですね。

Zertz(ゼヘツ)
moon Gamer

リングで作られた、だんだんと縮小していく場で、3種類のマーブルを取り合う不思議な感覚の思考型ゲーム。おなじみ「ギプフシリーズ」のひとつ。

ミニゲームの会でプレイされたギプフシリーズのゲームは「デュボン」「インシュ」に続いてこれで3つめですけれども、前2作に比べると「ゼヘツ」は収束度がとても早いと感じました。おかげで、何だか先が見えないうちに一気に決着がついてしまいました(負けた…)。ぜひリプレイ希望。

Kuba(クバ)
moon Gamer

プレイヤーは白と黒のどちらかのマーブルの担当となり、どちらのプレイヤーのものでもない中立の赤マーブルを取り合うゲーム。

手番では自分の色のマーブルを縦か横に1回だけ押します。それによって盤の端から敵や赤のマーブルを落とすと獲得することができる、というのが基本構造。いち早く赤のマーブルを7個取れば勝ちです。
序盤でうっかり失敗しても、しつこく粘ると後半で盛り返すことができる点がとても面白いし興味深い点です。つまりたいていは接戦になるのです。
今回のゲームも、自分のマーブルが残り2個(相手はたしか6個くらい)になったところから根気よくていねいなムーブを心がけていたら、ついに逆転勝ちをもぎ取りました。これもまたやりたいですねぇ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ