moon Gamer - ボードゲームブログ

テーブルゲーム(ボードゲームやカードゲームなど、電気を使わないタイプのゲーム)と、その周辺の話題を中心にした記事や写真を広く公開している個人ブログです。

タグ:ルーンバウンド

例の倉庫兼ゲームプレイルームで「Runebound(ルーンバウンド)」をプレイしました。お相手は、もう20年以上もゲーム仲間を続けてもらっている都内某所の方々。この人たちの卓越した「ゲーム英語力」のおかげで快適にプレイすることができました。

moon Gamer

「ルーンバウンド」は公式サイトに上級ルールが掲載されており、今回、この訳もはりきって用意したのですが、結局ほとんど採用しませんでした(採用したのは、ゲーム開始時の移動ダイス数調整とイベントカードの上書きルール変更くらい)。それでも十分に面白くて、長いゲームにもかかわらず2ゲーム連続してやりました。

最初のゲームは、序盤こそ恐る恐るの進行でしたが、感触がつかめてきた中盤以降はサクサク進むようになりました。2ゲーム目は、1ゲーム目の経験もあってスムーズに進むかなと思っていたのですが、僕以外の全員が従者(Ally)の雇い入れタイミングに恵まれず、ズブズブの展開になりましたmoon Gamer

従者がいるだけで攻撃の機会が増えるし、時には盾代わりにもなってくれるので、その雇用はとても重要です。これにヒーローの属性に合ったアイテム2~3個を揃えるあたりまでが中盤までの目標になるでしょう。黄色のアドベンチャーマーカー(2)を順調に数個クリアすれば、青(3)を飛び越して一気に赤(4)のクリアを目指すことも十分に可能です。ただし、これには従者は必須です。従者ががいない状態だと、青のアドベンチャーに挑戦するだけでもかなりの危険を伴います。

いずれにせよ、中盤過ぎは一気に場が進む可能性を考慮しながらプレイする必要がありそうです。

moon Gamer


※クリックできます。

少し気になったのは、序盤にちょっとした不運でつまずくと終盤まで尾を引きかねないバランスでしょうか。アドベンチャーマーカーは早い者取りですし、偶然に強い敵が現れたりダイスの目に恵まれずにうっかりノックアウトなんかしてしまうと、後でその遅れを取り返すのはとても大変です。まぁ、このシビアさが、長いゲームでありながら、全体を通じて緊張感を持続させてくれている要因になっていますので、それはそれで面白いのですけれども。

今回は初ゲームだったので、ゲーム全体のバランス感覚が手探り状態でした。このため、プレイヤー全員がゲームの雰囲気を楽しんでいたような気がします。2ゲームともプレイヤー間の戦闘は発生せず、突如出現した Hight Lord Margath が倒された、という終わり方でした。

確かにこのゲームは、マップのあちこちを回って戦闘をしたり買い物をしたりすること自体がとても楽しいのです。今回、ゲームが終了した時はいずれも「何だもう終わりか」というような声が聞かれました(時間的には2ゲームとも2時間をはるかに超えていたにも関わらずです)。ルーンバウンドは、この世界の中で長い間もっともっと楽しんでいたい、という気持ちに人をさせてしまう不思議な魅力を持っているようです。

しかしそれは甘~いワナでもありますmoon Gamer この楽しさに溺れるとついゲームの目的を忘れてしまい、結局は誰かに出し抜かれてしまうことになるでしょう。もっとも、今日相手をしてもらった人たちは抜け目のないベテランゲーマーの方々なので、次からはそんな甘い期待を抱かせない厳しい展開にはなるような気がしますがmoon Gamer

moon Gamer

ちなみに2ゲーム目は僕が快勝しました。右はマーガス君をこてんぱんにやっつけた記念写真ですmoon Gamer

ということで、またぜひやりたいですね。今度は発売が予定されているエキスパンションを入れたいなぁ。

[ Runebound 公式サイト ]
http://www.fantasyflightgames.com/runebound.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日(7日)昼間に Runebound(ルーンバウンド) をやるのにまだルールをよく読んでいなかったので、こんな時間にあわててルールを読んでますmoon Gamer

でもまぁだいたいわかったかな。プレイするメンツは AD&D だの ASL だのを原文から読んでバリバリこなす人たちなのでカード読みは任せてしまおうっとmoon Gamer

ルールの処理でよくわからなかったのが、Step 4:Market が発生するかどうかが微妙なケースがあったこと。たとえば…

  1. Combat で Escape に成功して1スペース戻った場所がたまたまタウンだった場合
  2. タウン上で他の Hero に Combat を挑んで勝利した場合

多分ですが、両方ともマーケットステップは発生しないで、そのままターン終了かと思っています(ノックアウトしない限り経験カウンターの購入は出来るみたいですが)。

プレイ後の感想はまた明日以降に書きます☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加

7/11 に購入したゲーム(とゲーム雑誌)のメモ。

moon Gamer

「Runebound(ルーンバウンド)」。発売前から何かと話題のファンタジーゲーム。発売元は Fantasy Flight。2~6人・12歳以上・プレイ時間2~3時間。
先日、プレイスペース広島にて訳なしで販売されていたのですが、気が付いた時には完売していました… が、知人が個人輸入したという話を聞いていたので、ダメ元で「売ってくれ~」と、せがんだところ、なんとOKの返事が! いや、言ってみるもんだなぁmoon Gamer 送料分は負担しましたけれども。

moon Gamer

ダイスを振って、冒険するなり装備を整えるなり従者を雇うなりしながら、最後の敵を倒すかドラゴンルーンを3つ獲得するかしたプレイヤーの勝ち、という感じのゲーム。

ということでルールを細々と翻訳中。完成がいつになるやら…

moon Gamer

その他、「ゲーマーズフィールド 8th-Vol.5」「RPGamer Vol.6」「シュピール」のバックナンバー(2003年12月号)の雑誌3冊と、「楚漢興亡史」「西国の雄」のゲーム2点も購入しました。こちらはショップで購入したものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ